12運勢それぞれの開運方法について③【71話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
さて、一回くらいで済むかな?と思っていた
12運勢の開運ポイントですが、
結果的に3回になってしまいました(笑)



実はメルマガをスタートする段階では
おそらく60話くらいで終わるかな…という
設定で進めていたのですが、

書いているうちに、
あぁ…これは書かないと、とか
色々出てきてしまい、
最終的に70話をちょっと超える量に
なりそうですね(^^)



我ながらもの凄い
サービスメルマガだと思います!!
本当にこのメルマガ、
無料はヤバイですよ♪



さて、では12運勢の開運方法、
残りの4つ書いていきますね。



まず【】ですね。

病の方は創造力が高く、理想を求めるのですが
イマイチ行動力に乏しく、
一歩を踏み出せない傾向があります。

開運方法としては
イメージを更に明確化させるために
得たい未来をビジュアル化する。



例えば、有名なところで言うと
望月俊孝さんが提唱されている
夢を叶える宝地図という手法がありますね。

他には、理想の未来に近い世界観の
映画などを見るのも良いです。



次に【】ですね。

このタイプの方は、例えばもし
華やかな世界に対しての憧れがあるのなら

裏にある星が冠帯なので、
とにかく交流会やイベント等、
人と繋がる可能性のある場所に
出かけるのがオススメです。

後、基本的にはお墓参り、
先祖供養はしっかりして下さいね。

もちろん先祖供養については、
他の方も全て大事なのですが、
墓を星に持つ人は、特に
ご先祖様の影響が強いです。



次が【】の方。

このタイプの方はスピリチュアル的なもの、
見えない世界との結びつきが
とても強い傾向があります。

神社やスピリチュアルスポット等で
良いエネルギーを受けたり、
身に付けるものとしても
良いエネルギーを出している物を
身に付ける等、非常に重要になってきます。



最後に【】の方です。

このタイプの方は、
周囲や環境に振り回されて、
自分で主体性を持った生き方が
出来ていない場合が非常に多いです。

後、生活にムラがある場合が多い。

裏に建禄という星があるので、
毎日の生活にリズム感をつける事が
まず重要。

そして、自分一人でしっかりと
自分の現在地と未来を棚卸しする時間を
定期的に設けてください。
場所は気の良い、静かな場所が良いです。



さて、ここまでで何とか
12運勢の開運方法まで書いてきました。



実はこの12運勢の開運方法というのは
最初書くつもりが無かったので、
滅茶苦茶サービスです。

でも、更に深い部分も
もちろんありますよ(^^)



今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709