通変星④正官 偏官について【54話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
3回前から、四柱推命において
鑑定書を読み解く時の肝とも言える
通変星と蔵干通変星について
詳しく解説させて頂いております♪



今回は行動力を意味する
正官(せいかん)と偏官(へんかん)
について書かせていただきます(^^)



この正官、偏官は、行動力もそうですが、
女性にとっての恋愛運と結婚運を意味します。



官がついている命式として
傷官にも同じように官がついていますが、

傷官については、
行動力や恋愛、結婚について
基本的に関係が無いので、
その辺を注意して覚えてください。



まず正官ですが、公務員や軍人といった
イメージが近いでしょうか。



非常にマジメで、堅実に物事をこなします。
責任感が強く、時間等に対しても正確で、
几帳面な性格の方が多いです。



組織などに順応しやすく、
任せておいても安心なタイプと言えます。



ただ、世間体を気にしたり、
間違ったこと、曲がったことが嫌いで、
仕事にも、慣れてくると
社会に対しての貢献性などを
重要視するような気質があります。



それに対して偏官は
民間の営業マンというイメージでしょうか



考えるよりもまず行動するタイプで、
若干そそっかしい部分もあるかもしれません。



思ったことをすぐに口に出したりする
危なっかしさもありますが、
人情味も熱く、気前の良い性格です。



偏官はとにかく、どんどん前に前にと
動き回る事ができるので、
新規開拓の営業などには非常に向きます。



女性にとって正官は結婚運、
そして偏官は恋愛や遊びの関係に
なりがちな命式と言えます。



次回は通変星の最後、
知性を意味する印綬と偏印について
書かせていただこうと思います(^^)



今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709