丙【ヒノエ】太陽の性質を持つ人【38話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
さて、10ある天干の内、
甲と乙の二つが終わりました。
このメルマガでお伝えしている以外にも
もちろんたくさん特徴があります。



それにしても、
実際こんなに性格に反映されるんだ!!
と驚かれる方がとても多いです(^^)



四柱推命は自然学問であり、
天干が示す対象の持つ特徴が
面白いくらいにその人の持つ性質を表します。



樹木や太陽等、自然界に存在するモノに
人の性質を当てはめる為、
本格的な修得にはイメージ力も必要になってきます。



イメージ力は、実際に鑑定をする際にも
非常に役立つ場面が多いです。
同じ木を見ても、違う解釈があったりと、
本当に木一つで、様々な側面がありますから(^^)



さて、今回は【丙:ヒノエ】について
書かせていただこうと思います(^^)



丙は陽の火 つまり昼の火を表します!!
昼の火って何でしょうか??
それは、太陽です!!



あなたにとって、
太陽ってどんなイメージですか?

私達を明るく照らしてくれて、
常に自ら燃え続けている!



そうなんです。
正に、丙を天干に持つ人は、
エネルギッシュで明るい、ということが
最大の特徴なんです。



僕的に、一番近いキャラクターは
ワンピースのルフィーなのですが(笑)
明るいだけでなく、裏表がなく、
自分の意見は曲げない。



しかし、誰に対しても自然体で、
物事の判断は好きか嫌いか。
損得よりも、自分がやりたいかやりたくないか。

いくつか特徴を挙げるだけでも
ルフィー的ですよね(笑)



丙の方は、とにかく
自分が中心でいたいという気持ちが強く、
エネルギーも強い方が多いです。



直感力も鋭く、判断力や度胸もあるので、
自分を看板にしてお仕事をしたり、
経営者やスポーツ選手なども多いです。



基本的には根が明るく、
裏表が無い人が多いのですが、
中には逆に太陽の性質が悪く出すぎて
過度に自己中心的だったりすることも
あり得ます。



これについては天干だけではなく、他の
通変星等の命式の関係も大きいのですが、
どうしても自分が主役の人生を送ることが
テーマである丙の方は、
周囲を巻き込む傾向があります。



丙の方は、人を引きつけるカリスマ性や
魅力がある方が多く、
人の輪の中心にいるような方が多いです。



好奇心が旺盛で行動的ですが、
若干飽き性な部分もあるようです。



損得勘定というよりは、自分がそれを
好きか嫌いか、面白いか面白く無いか等を
判断基準にすることが多く、物事に対して
あまり裏表が無い方が多いです。



丙を天干に持つ方で、
引っ込み思案だったり、色白だったり、
根暗だったりするとしたら、
かなり運を落としてしまっている可能性が高いです。



この状態がひどい場合は、
陰転している事が考えられます。

過去に鑑定した人で、陰転していたという
自覚が強い方が何人かいたのですが、
その方たちは実は何らかのタイミングで、
本来の自分の性格を取り戻してから
一気に運気が高まったと
皆同じように言っていました。



僕が見てきた中で、天干の陰転については
間違いなく丙の方が一番多いと感じます。
若干陰転気味、と感じる方も多いですね。



丙の方は、実際に太陽の光を浴びたり
昼にアクティブに活動すると
運が高まります。



丙は、明るさを意識すると
物事が上手く進みやすくなるので、
とにかく笑顔や明るさを意識しましょう(^^)



開運する為のアイテムとしては、
太陽の光を部屋に取り込む
サンキャッチャーなどもオススメですね。
太陽の光との関わりを増やすことは
凄く良いです。



今回も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました(^^)
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709