人はなぜ占いをする?そして本当の占いの価値は?【25話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
今回のテーマは、
人の中にある不安についてです。



今更ですが、あなたは
占いは好きですか?



このメルマガを読まれている方には、
ある程度、色々な方がいらっしゃると
思います。



まぁ、一切占いの類は信じない、
好まないという方は、さすがに
いらっしゃらないかもしれません。

統計学としては受け入れる事ができる、
占いはなんとも言えないが、
自分の事は知りたい等、
色々な方がいらっしゃると思います。



では、なぜ人は占いが気になるのか?



一つの大きな理由としては、
やはり未来に対する不安だと
思います。



このメルマガのテーマは、
自分の事を知り、人の事が分かるように
なると、人生を飛躍させる事ができる、
というものです。



しかし実は、占いを覚える事で
もう一つメリットがあります。
それは、不安を持つ人から感謝され、
頼られるようになるということ。



もちろん、仮にあなたが占いを覚えて
誰かを鑑定してあげたと言って、
それが100%当たっているかどうかは
わかりませんし、場合によっては
あまり本当の事を言えないような
結果が出るかもしれません。



しかし、不安な気持ちというのは
良くない結果を引き寄せる事が多い。



人の鑑定をする際には、僕が過去に
間違えたことの様に、どうしても先に
言っておかなければ後でその人が
大変な思いをするという事であれば、
絶対に伝えるべきだと思います。



しかし、不要な不安は
与えるべきではない。



ネガティブな要素に対しては、努力や
過ごし方で乗りきれるという道筋を
しっかりと提示し、不安な気持ちを
未来へ向かう強い気持ちに変える事が、
占いを覚えた人間の役割だと思うのです。



誰しもが不安であり、未来は不確定です。
それを決めるのは自分。
運命は運ぶ命と書きます。
自分で変える事ができるのです。



自分を知り、人を知り、
そして人に勇気も渡せる。
それって素晴らしいと思いませんか?



単に、当たるか当たらないかという
部分だけで占いを捉えるのは、
僕はあまり好ましくないと思います。



どうやれば、鑑定した人が幸せになるか?
そう考える事が、あなたの
人生を飛躍させる為に占いを活用する、
ということのもう一つの本質だと思います。



「当たるか当たらないか」に固執している
占い師って、実は結構暗いエネルギーを
持っている人が多い。
占いをそういう風に使いたくはないですね(^^)



更に言うと、四柱推命も含めてなのですが
占い師に見てもらった方で、
過去に凄く恐いことを言われた!
その影響で、心に深い怯えを持っている方が
結構いらっしゃいます。



気にしすぎて、肌が荒れたり、体調が
崩れたりと、凄く悪い方向へ行っている。

でも僕が鑑定書を見ると、
別にそんなに悪いことは無いんです。
変えられる事が沢山!!



そういう、恐怖や不安を更に煽る占いは
必要ないと思いますね。
波動の法則から考えても、完全に間違っています。
占いをするなら、見る人を少しでも幸せに!!



次回は、同じ誕生日の人が沢山いて
人生が違うのはなぜか?というテーマで
書かせていただきます♪



今回も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709