学び方の違いで、ここまで早く習得できる【19話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
前回まで2回に渡り、
一般的な占いの学校での学び方と
僕が教えていただいた方法、
そして僕がお伝えしていく方法の違いを
ご紹介してきました。



ここまでで、何となくご理解を
していただけたと思うのですが
最後にもう一度書きたいと思います。



前回の最後でも触れましたが、実は
四柱推命を最も効率的に学ぶために
重要な要素がいくつかあります。



①本人がそれを楽しめているかどうか

②最初に覚えるのは、読むために
 重要な部分のみに集中する。
 深堀りは後で良い



英語やスポーツでもそうだと思うのですが、
まずは体の基本的な使い方を覚えたり
英語も本当の基本の表現を覚えますよね。



基本の単語、基本の表現、基本の動き方さえ
分かっていれば、後は好きであれば
練習をするはずです。



最初に、いきなり理論を覚えようとしたり
難しい文法を覚えようとしたり、
堅苦しい表現等を覚えようとしても
多分、実践では使えないと思います。



四柱推命などの占いも、まさに同じ。
まず、自分の事や相手の事を知るための
命式の読み方から覚えるのが
最も早いのです。
出し方や理論は後で良い。

それはなぜか?
誰もがそこに一番興味があるからです。



これがもし、今のようにアプリや
クラウドのシステムも無ければ
確かに命式、鑑定書の出し方等、
基本から学ぶしか
方法は無かったかもしれません。



しかし、それがあるなら間違いなく
読み方から習うのでOKです。



極論すれば、活用するだけなら
命式の出し方なんて不要だと思います。
プロの占い師になるのでなければね(^^)



自分が鑑定書を読めるようになると、
自分の世界が広がったように感じるはずです。



そして、先日も書きましたが、
自分の人生に対してだけでも
四柱推命を学ぶ利点は本当に大きいのです。



逆に、理論や命式の出し方から
入るとどうなるか?
何も知らない状態で、そこから学ぶと
物凄く難しく感じると思います。
多くの方は、挫折するかもしれません。



そして、鑑定書を人が作ると
間違いも必ず一定の確率で起こります。
実はこれも問題なのです。



何度かに分けて書きましたが、
本当に英語を習うよりも簡単です。



こんな短時間で、
自分の中の世界の広がりを感じ、
人生を上手く行かせる為の地図を
手に入れる事ができるとすれば、
素晴らしいことだと思いませんか?(^^)



次回は、何度か書いているのですが
僕が使っているツールについて
少しご紹介をしたいと思っています(^^)



このメルマガにご登録いただいた時に、
あなたにお送りした鑑定書なども
このツールで出しています。



今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709