【命:メイ】について【幸せな人生地図の歩き方】【12話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
前回は、3つの大別された占いの中から
【命】をフォーカスして書かせて頂きました。



今回は、その【命】の占いが、他の
【相】、【朴】と決定的に違う点について
書きたいと思います。



それは、宿命運命という
考え方です。



【朴】は、当たるも八卦、外れるも八卦。
その時に出たサイコロの目や
カード等で占う訳ですから、
鑑定結果は非常に流動的。
極端に言えば、その場の意思決定や
心の持ち方一つでも鑑定結果に
違いが出てしまいます。



期間についても、長くて
半年先くらいまでしか見ることが
出来ないという特徴もあります。



これについては、一回の占いの結果を知り、
その結果を参考にして行動することで
未来は変わるので、先であればあるほど、
沢山の選択を繰り返して
未来に変化が訪れやすいという理由があります。



【相】においても、顔相は整形等で。
手相も線を引いたりする事で、
運命に影響を及ぼしたりするとも言われます。
それに、生き方によっては
手相も変化していますよね。



つまり、【朴】と【相】の占いは
変える事ができる運命を
ベースにした占いと言えます。



それに対し、四柱推命等を始めとした
【命】の占いは、生年月日がベースのため、
変えられない部分を
鑑定する占いと言えます。



つまり、宿命をベースに
運気の流れを占うのが【命】の占いと
言えるわけです。



もちろん、どの占いにしてもそうですが、
それだけで運命が決まるわけではありません。



ここで概念をはっきりさせますが、
宿命というのは、宿るに命と書きます。
なので動かせないもの、例えば両親、
生まれた場所、生まれた日等。



それに対して 運命というのは
運ぶに命と書きます。
これは、あなたや私達の日々の選択によって
どんどん変えていけるのです。



宿命は変えられない。
しかし、運命は変えることができるわけです。



【命】の占いは、変えられない宿命による
大きな性質や隠れた個性、運気の流れを
参考にしながら、自分で運命を良い方向へと
導いていく為の鑑定方法と言えるでしょう。



逆に言うと、宿命に基づいた
変えられない性質や、運気の流れを
ある程度知識として知っておくことは
非常に重要なことだと感じています(^^)



知ることによって、天気予報で
雨の日に傘を持っていけるように
起こる結果を変える事が
出来るわけですから(^^)



3つに大きく分けられた占いのカテゴリー、
何となく理解していただけましたでしょうか?



今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709