12運勢④帝旺、衰について【64話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
数回前から、12運勢のそれぞれの星を
しっかりと解説しております。



まず今回は
【帝旺:ていおう】からです。


これは動物占いでは
【】となります。



人間の一生のサイクルでは、
この帝旺は、40代から50代くらい
言わば壮年期です。



この帝旺は頭領の星とも呼ばれており、
非常に強い個性を持つ星でもあります。


建禄が営業部長だとしたら、
帝旺は社長というイメージでしょうか。



目標を明確に決めて、
それを実現するために突き進む。
そういうイメージを、
この帝旺は持っています。



他に個性を挙げるとすると、
自分を慕う人に対しての
面倒見がよい
親分肌、姉御肌。


本物志向で
あまり安物を買わない、持たない。


高くなくても
しっかりした作りの物を選ぶ。


周りくどい付き合いや表現は苦手。
自分の意見や本音は曲げない。


逆境や困難な状況を超えて
伸びるタイプ、
等が挙げられます。



次は【:すい】を解説します♪


これは動物占いでは
【たぬき】となります。



人間の一生のサイクルでは
この衰の時期というのは、老人。



一族の中の長老
といったイメージです。


スターウォーズの
マスターヨーダ様な
イメージでしょうか。



慎重で引っ込み思案なところがあり、
知識を好み、
人にそれを伝えるような事も
適してます。



平和主義で、人の喧嘩などの
仲裁役になったりもします。



その他の個性としては
人に物を頼まれると断れない
お人好しなところがあったり、

返事は凄く良いのですが、
すぐに忘れてしまうような
傾向があります。


熟考してから行動に移す
傾向があるので
失敗はしづらい。



社交性が高く、温厚で
ムードメーカーになりやすい、
等の特徴があります。



もちろん【帝旺】も【衰】も
これだけではなく
もっと深く色々とあるのですが、
もし深く知りたければ講座や
体験セミナーなどもありますよ♪



次回はについて
解説したいと思います(^^)



今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709