通変星①比肩と劫財について【51話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
今回から5回に分けて、
通変星蔵干通変星の説明を
させていただきます。



あなたの
5つのマスの中に何が入っているか?
この意味がわかってくると
かなり深いところまで
鑑定書を読んでいただく事ができるので、
とても重要ですよ(^^)



最初は、言葉自体
とっつきにくいと思いますが、
楽しみながら見ていって頂ければと
思います。



重要なポイントとしては、今回も、
そして明日以降の4つのペアもそうですが、
これら、通変星は同じテーマを持ちながら
かなり対照的な性質を持っている、
という事です。



今回は
比肩(ひけん)と劫財(ごうざい)を
ご紹介します。
これらは、言わば自立心を
意味する命式です。



まず比肩です。

比肩の特徴は、基本的に
人に干渉されるのをあまり好まない、
言わば自己中な性質です。



競争意識が強く、勝ち負けにこだわります。
一匹狼的な性質、と言えるかもしれません。



独立には向きますし、人間関係も
苦手という事は決してありませんが、
組織など、ある程度
型にはめられるような環境や
毎日同じ人との行動というのは
程度にもよりますが
どちらかというと苦手な傾向があります。



自分を看板として仕事をするような
スタイルを得意とするので、
士業や、保険代理店、スポーツ選手
作家、芸能人等が向いていると思います。



組織に属している場合は、
上司を尊敬できるかどうか、
また、組織の理念や環境について
不満が少ないかどうかが
重要なポイントになります。



物事を切り開いていくパワーがありますが、
ワガママな部分が強く出る場合もあります。




次に劫財です。

劫財は比肩と比べると
周囲との調整能力が非常に高いので
組織を作ったりするのに向いています。



望むものを手に入れる為には
ある意味手段を選ばないところがあり、
駆け引きや、本音と建前を使い分けて
コミュニケーションを取る事も
得意な方が多いです。



比肩の方はどちらかというと
思ったことをそのまま
ストレートに表現する傾向が強く、

反対に劫財の方は、思っていても
あまりストレートに表現せず、
腹の底に溜めています。



組織を作ることに向いているので、
チームリーダーなどにも向いていますし、
会社経営、ネットワークビジネス、
その他、集団で目標達成をするような
ポジションで能力を発揮される方が
多い命式と言えます(^^)



次回は食神、傷官について書きますね♪

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709