戊【ツチノエ】山、山岳の性質を持つ人【40話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
現在、四柱推命において
最も基本の性質を表す天干について
書かせて頂いてますが、

「実際こんなに性格に反映されるんだ!!」
と驚かれる方がとても多いです(^^)



四柱推命は自然学問であり、
天干が示す対象の持つ特徴が
面白いくらいにその人の持つ性質を表します。



樹木や太陽等、自然界に存在するモノに
人の性質を当てはめる為、
修得にはイメージ力も必要になってきます。



今回は土の陽である
【戊:ツチノエ】について
書こうと思います。



戊はいわゆる山岳のことを指します。

僕の母もこのタイプですね。
あ…僕の奥さんもだ…(笑)
二人…、あんまり似てないですけどね(笑)



ちょっと質問をしたいと思います。
あなたは山と聞いて
どんな山を思い浮かべますか?



富士山、高尾山、エベレスト…、
日本昔ばなしに出てくるおわんの様な山、
草木一本生えていないようなハゲ山、
岩山…、本当に色々ですよね。



山を象徴する戊タイプの、一番の特徴は
努力する人と努力しない人で
発する魅力の差が一番激しい、
という事でしょうか。



もちろん、他の天干の方でも
努力する人としない人の差はありますが、
ここでいう差とは、山という象徴そのものが
良い山と悪い山でものすごく幅があるという事です。



努力した戊の方は、人が集まるような
美しい立派な山というイメージ通り、
人が集まるような存在感やカリスマ性を持ちます。
また、華やかさや美的感覚も優れています。



一方、努力しない戊の方は、
草木一本生えないハゲ山の様に
すっぴんジャージでウロウロするような、
極端に自分を放置するような傾向があります。



山には神様が宿ると言うように、
僕の母のように霊的な特殊な力を
持つ方も多いようです。



基本的には山の性質を持つので、
物事にあまり動じず、落ち着いていて
色々な意味で許容範囲の広い方が多いです。



また、納得しないと動かない
という性質もあります。



あまりにも変化の激しい環境状況には、
馴染みづらいという傾向もあるようです。



一度物事を始めると、
粘り強く諦めない強さを持つ方が多く、
本当に内面を磨いた戊の方は存在感が生まれ、
社会的に認められやすい傾向があるようです。



また、人との関係性を作るのが上手く、
組織づくりにも向くため、
経営者などにもこのタイプの方は多いです。



親分肌や姉御肌の人が多く、
自分を慕ってくる人に対しては
懐も緩むというか、気前が良い人が多いですね。



また、日本において、
神様が宿る場所というのは高い場所。
つまり、山に宿るとも言われる為、
戊の天干を持つ方には、
宗教的な指導者等も多く存在します。



土のタイプは、陰の己の方にも
陽の戊のに方も共通して言えますが、
運を高めるために、とにかく
自然に触れる時間を増やすことを
お勧めしたいです。



また、五行の中では最も
パワーストーンと相性が良いかもしれません。
やはり土の中から生まれたものですから。



天干を強める為に、これ!という石も
ありますが、純粋に自分と波長の
合う石を探されると良いでしょう(^^)



戊の方の陰転は、先にも書いたように、
内面においても外面においても、とにかく
自分を磨くという事をしなくなることです。



努力しない山というのは、
緑がいっぱいの山ではなく、
岩山、ハゲ山になってしまいます。



次回は土の陰、己について書きます(^^)

今回も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました(^^)
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709