甲(キノエ)樹木の性質を持つ人【36話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
さて、今回からは
天干の説明を1つずつしていきますね(^^)

今回は【】についてです。
キノエ、またはコウと読み、
樹木を象徴します。



この甲と、次回説明する乙は
木・火・土・金・水で言うところの
【】を意味し、唯一生命、
つまり命のあるものを意味します。



厳密に言うと、甲も生きている木と
死んでいる木に分けて考える部分もありますが、
ちょっとマニアックになり過ぎそうなので、
それは一旦省きます。



甲は樹木、乙は草花等を表すわけですが、
この二つを天干に持つ人に共通する特徴として

自分が普段身を置く場所、
つまり仕事場や人間関係などの環境に
非常に強く影響される傾向があります。



植物というのは、荒れ地や湿地には
育ちづらいわけです。
天候などにも左右されてしまいます。



つまり、変化の激しい時代やベンチャー等、
変化の激しい職場環境よりも
ある程度の安定感のある職場や環境の方が
才能や個性を伸ばしやすいという傾向があります。



天干だけを見て、どうこうと
言えない部分もありますが、
この影響はかなり大きいように思います。



また、木というのは、
空に向かってまっすぐに伸びるわけです。
信念を持つと成長しやすいですし、
逆に信念を持たなければ上手く成長しません。



木は基本的に曲がりませんから、
同じように曲がらない、
頑固さや融通の効かなさも持ち合わせる事が
多いようです。



また、信念と近いと思いますが
会社など職場においても、
共感できる理念等があると共感し、
力を発揮しやすいような傾向があります。
言わば理念とは、太陽の様なイメージです。



甲の方は、能力が高くても
まるで森や林の中にある一本のように
周囲に合わせるようなスタンスを
とりがちな傾向もあります。



しかし、「自分はこれをやるんだ!」と
人生の目標やミッションを宣言することで、
木は、言わばあの有名なCMの木の様になり、
人が目印として見つけやすいような
気になる木になります(笑)



また、一見強そうに見えるのですが、
一度折れてしまうと立ち直るのに
非常に時間がかかる傾向があります。



壁にぶち当たったり、緊張したりすると
どちらかというと頭で解決方法を
見つけようとしたりして、
なかなか行動に移せないような傾向が
多いようです。



計画やプランを立てる事は得意なのですが、
それを実行に移さないで満足する傾向があります。



樹木なので、年輪を積み重ねながら
少しずつ成長していくという性質を持つ為、
かなり長期の目標設定をする事ができます。
逆に短期の目標設定は苦手な傾向が強いです。



リーダーシップはあるのですが、
あえて自分からリーダーをやろうとは
しない方が多いです。
しかし、脇役になることも嫌います。



気品があって、高貴な心を持っています。
なので、社会的な貢献に対して
意欲が強い人が多いように思います。



いかがでしょうか??
さすがに、ここで書いた全ての特徴が
当てはまるという事はほとんどないと
思われますが、特徴がかなり
現れている方は多いのではないでしょうか?



甲の方にとって、陰転している場合、
つまり上記の特徴がほとんど当てはまらないと
感じる場合というのは、多くの場合
最初に書いたように、自分の身を置く環境に
関係がある場合が多い。



自分自身で、自分の身を置く環境を
選択できていない場合、
そしてその環境が、自分にとっては
非常にストレスが強く、
やりたいことができていないと感じる場合
上手く育っていない樹木、
枯れているような状態になっている
可能性があります。



いかがでしょうか?
ただ、程度にもよりますが、いくつか
異なるという場合は、他の通変星や
12運勢の影響を受けている事が
理由になっている事が考えられます。



気をつけなければならないのは、
ご自分で運気がかなり悪いと
感じている場合です。



どちらにしても、こんなにも自然の木と
同じような性質があるんだという事、
何となく分かっていただけましたでしょうか??



次回は乙、
植物を天干に持つ人を解説しますね(^^)
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709