占いを活用して売上を伸ばした保険代理店Mさんの話【29話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
今回も、四柱推命を活用して
人生を好転させた方の事例を
ご紹介します♪



彼はMさん、
P生命の営業マンをしています。



優秀な保険の営業の方は大抵、
人付き合いがマメで、いつも感心します。
彼も本当にそうで、細かく連絡をくれたり
色々な会に誘ってくれたりしていました。



しかし、新規のお客様を増やすのは
やはりそんなに簡単ではなく、
まだ保険を始めて2年目くらいで
若干伸び悩んでいました。



実際、僕も色々な交流会に出ると
必ず保険の方の名刺を3枚程度は頂きます。
おそらく僕の手持ちの名刺の中で、
保険屋さんので100枚は超えてるかな…
と思うほどです。



しかし、僕もすでにいくつかの保険に
入っていますから、保険の方と知り合っても、
彼らのお仕事に繋がらない可能性が高いなと
無意識に思ってしまい、若干、
引き気味の対応をしてしまうことも
何度もありました(^_^;

本当に保険の方は大変だなぁって
いつも思います。



まさに、自分自身が商品!
保険の方々は
どうやって人と仲良くなるか、
どうやって保険以外の価値を提供するかが
鍵なんですよね。(^^)



僕は、Mさんに四柱推命を教えたわけですが、
彼は最初、コツを掴むまでに
ちょっと時間がかかりました。



しかし交流会などで、自己紹介にプラスして
趣味で占いをやっているという事を言うと
結構高い確率で、
「もし良かったら見て下さいね。」
という答えが返ってくるそうです。



その時、Mさんはすかさず
「良かったら今この場で見ますよ♪」
と言って、スマートフォンで鑑定をします。



そうすると、結構な確率で
芋づる式に人が繋がるんです(笑)
先日書いた、
「私も見てください」っていうパターンですね♪



ただ名刺を交換したのと違い、
占いをしてもらった方は
ほぼ必ず覚えていますから、
その後のアポイントも非常に取りやすい。



Mさんは、保険の事だけでなく
クライアントさんの相談にも乗ったりして、
占いを初めて半年ちょっとですが
個人成績が単月で
倍以上に伸びているそうです。



今はどんどん紹介も出ているそうで、
本当に学んで良かったと言っています(^^)



保険代理店の方や士業の方等、
自分自身が商品という側面のある方にとって
占いという手段は、非常に大きな可能性を
持っているのではないかと
常々感じますね♪



今回も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました♪
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709