自分の星を上手く使えていない人は?

2014.12.13 豊原匠志 WRITER
自分の星を上手く使えていない人は?
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

冒頭に星と書きましたが、四柱推命等の統計学では、
自分の【命式】言わば、命の式?ちょっと大げさですが(笑)
こういったものを【星】と表現する事があります。

四柱推命や算命学は、命という占いの一つであると
書きましたが、東洋占星術とも呼ばれます。

占星術というのは占う、星の術と書くのですが、
元々、星という字は生まれた日と書くわけです。

これは、非常に興味深いですよね。

で、自分の星というのは、
自分が持っている本質や、個性だったりなのですが、
鑑定をしていると、

その方の本来持っている良い部分を、
ほとんど活かさずに生きてこられている方が
非常に多いわけです。

別の話でも書かせていただきましたが、
自分の本来持っている良い面を活かさずに生きる。
つまり星に逆らう生き方をしている人は、
能力も活かせない場合が多いですし、
極端に運気を落とす事もあり得るわけです。

このように星を活かせておらず、
極端に運気を落とす状態を、星が陰転している
表現する事があります。

大体鑑定をしていて、
非常に人生に苦労していると感じる方は
命式において、どこか重要な部分の星が、
陰転している事が非常に多いです。

自分の星を知り、個性や運気を知ることで、
本来持っている運の流れを活かしやすくなります。

本当の自分の可能性に気づかないまま、
人生を過ごすことは、とてももったいないと思います。
是非自分の星を知り、運気を高める為の生き方をしませんか?

Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709