つまり、◯◯◯◯を飛躍させる事で、人生は大幅に飛躍する【8話】

2000.01.06 豊原匠志 WRITER
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
前回までのテーマとして、
自分以外の人、そして自分自身を知る事が
どれだけ人生にインパクトを与えるのか、
ということについて書いてきました。



このテーマについては、
今回が最後になります。



占いについて、多くの方が言う言葉で
女性は占い好きだよね(^^)っていう
思い込みがあります。





僕が今まで接してきた方々、
鑑定してきた方々、教えてきた方々等

沢山の人を見てきた中で感じるのは
女性のほうが、占いに対して
反応が素直だという事ですね。





見てもらう事に対しても、
あまりためらいが無く積極性があるのが
女性です。



実は男性も、
結構占い好きな方が多いんです。
しかし、少しブロックがあったり、
フィルターがかかっていて、
占いでなく◯◯学って言うと
いきなり興味が出てきたりするんです。





例えば、心理学等を学ぶのは、
やはり人との関係性を高めたり、それにより
自分の仕事等を向上させるのが目的だという
方は多いと思います。



四柱推命などの統計学系の占いも、
本当に見るPOINTが異なるだけで
ある意味においては近いと思います。



先に書いてきたテーマですが、

他人を理解すること、
自分自身を理解すること。





この2つ、つまり人を知るという事は
人生において、ものすごく大きな
財産になるはずなのです。



多くの方が、占いに対して先入観がとても強く、
それは非常にもったいないと思います。

とは言え、僕の考え方は
一般的な占い師の方とは
かなり異なるのかもしれません。



統計学系の占い、推命学は、
占い師が人を占う為だけのものではなく、

心理学を心理カウンセラー以外の人が
仕事に役立てる為に学ぶのと同じように、
一般の方が人生に役立てる為に活用する。





その為の知識の量とレベルは、
必要に応じてで良いと思います。



ただ、まずは着眼点物の見方を
しっかりと伝えないと意味がないので
メルマガでもかなりボリュームを
取らせていただいています(^^)



今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました(^^)
Share! Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0
豊原匠志 WRITER

お間違いのないようご注意ください。

※ニックネームでも鑑定結果には問題ございません。

必ず西暦で記入してください。【例】19750709